BLOGブログ

2018年05月06日

胃が痛い!みぞおちの違和感はストレス?原因は?

ストレスによる体調不良

胃が痛い女性


ストレスで胃が痛い・みぞおちの違和感


胃が痛くなるときや

みぞおちに違和感を感じるときってありますよね。

 

悩んだ末に、いざ病院に行っても

「ストレスですね。」としか言われず

解決策が分からない!なんて方いるのではないでしょうか。

 

この記事では、そんなストレスによる

胃痛とみぞおちの違和感について

セルフケア方法と生活のアドバイスを

紹介していきたいと思います(^^)

 

ストレスで胃が痛くなる理由


胃などの消化器系は、

自律神経(アクセルとリラックスを促す神経)が

機能の調節をしています。

 

リラックス神経である副交感神経は

胃酸を分泌させ、胃の活動を促進させます。

アクセルを担う交感神経は、血液循環や

胃粘膜の分泌を抑え胃の活動を低下させます。

 

ストレスを受けた胃は

自律神経のバランスが乱れるため

胃粘膜が減少、胃を刺激する胃酸は

過剰に分泌されてしまいます。

 

つまり、胃粘膜の減少した胃は

自分の胃酸にやられてしまうのです。

「胃の痛み」は、免疫力を失い

自分の胃酸で炎症を起こした状態と言えます。

 

だからこそ自律神経のバランスを

整える事が大切なのです。

 

みぞおちに違和感が生じる理由


みぞおちは急所だと

聞いたこともあるかと思います。

 

みぞおちは、臓器が密集していて

多数の交換神経が集まる部分です。

にも関わらず、骨に覆われていないので

不調が現れやすい繊細な場所です。

 

違和感や圧迫感、

痛みを伴う場合もあると思います。

臓器の密集する場所なので

全てストレスが原因とは言い難いですが

ここではストレスによる

みぞおちの違和感にフォーカスしますね。

 

ストレッサーを受けると

負荷に耐えようとアクセル神経である

交感神経が活性化します。

 

交感神経が優位になると、血流が悪くなり

筋肉の緊張や呼吸も浅くなります。

よって、交感神経が集まる

みぞおち部分は、固く張りやすいのです。

 

そして、上記でも述べたように

胃痛やその他臓器の不調と連動して

違和感を感じている方も多いでしょう。

 

ストレスによるみぞおちの違和感は

交感神経が優位になって起こる臓器の不調や

心身の過緊張だと考えられます。

 

ですので、みぞおちの違和感は

リラックス神経である

副交感神経を優位にしてあげる事で

和らぐ場合が多いはずです(^^)

 

胃痛は、自律神経を整える


胃の痛みは、自律神経の乱れを

整えてあげることが大切です。


 

交感神経が優位な人


・活動的でゆっくりする時間が少ない

・早口になったり、息が浅くなっている

・背中に緊張が走っている

・心に余裕がない、忙しい

 

そんな人の胃痛の緩和は

リラックス神経を、優位にしてあげます。

 

休み時間やトイレの時間

お風呂の時間、通勤時間など

隙間時間を上手に活用しましょう!

 

隙間時間に、スマホをみたり

音楽を聴いて脳を刺激するのではなく

 

  1. 視覚、聴覚の刺激を控える

  2. 目を閉じる

  3. 吐く息を意識して深呼吸

  4. 背中を伸ばすストレッチ


この様な行動を、取り入れてみてくださいね!

 

………………………………………………………………………

 

副交感神経優位な人


それとは反対に

・無気力になっている

・身体が重くて動かない

・ずっと眠たい

・憂鬱になって落ち込んでしまう

 

そんな人の胃の痛みは

アクセル神経を優位にしてあげます。

 

身体の活動力を増やしていくと

自律神経のバランスが整いますよ(^^)

 

  1. 吸う息を意識して大きく、 早く深呼吸!

  2. いつもより早歩きをしてみる

  3. 足裏を揉む

  4. スクワットをしてみる

  5. 腕回しを大きくしてみる


無気力気味な人はとにかく、軽く動く事!

(やりすぎは要注意。あくまで少し意識するだけ)

 

ポイントは、下半身を動かすこと。

そして、呼吸が少し上がることですね。

 

交感神経が刺激され

循環器系が活発になると共に

気力も上がってくるはずですよ!

 

 

みぞおちの違和感は


ライフスタイルの見直しを


みぞおちが苦しかったり

違和感を感じている時

そして、それがストレスから来るのなら

 

簡易的な緩和をする事も

大切ですが、ライフスタイルの見直しを

してほしいと思っています。

 

 

みぞおちに手を当てて、和らげる


ライフスタイルの見直しの前に

違和感をとる方法として簡単な手法をご紹介。

 

「手を当てる」

たったこれだけです(^^)

 

ポイントは、仰向けになって

脱力した状態で、ただ手を置くだけ。

 

そして、呼吸で腹部が前後する感覚や

みぞおちあたりの熱をじっくり感じて

 

「ほっとするな」と、感じられるまで

触れてみて下さい。

 

さすったりしなくていいので

ひたすら手を置く事で

みぞおちあたりの緊張が緩み

副交感神経が優位になっていきますよ!

 

みぞおちの違和感は

交感神経が優位な状態が引き起こすので

リラックスできるように触ってあげます。

 

 

無理と我慢を軽減させよう


そして肝心のライフスタイルです。

 

まず、みぞおちの違和感を感じたら

ストレスによって

心や体が過緊張を起こしているのだと

自覚して下さいね。

 

そして、意識することは

 

いつもより

「無理と我慢を減らすこと!」

 

小さなご褒美を自分にしてあげたり

いつも我慢している事を許してあげたり

いつもより6割の頑張りにセーブしてみたり…。

 

普段よりもスローなライフスタイルを

心がけてみて下さい(^^)

 

小さな行動でいいので

自分に優しくなる時間を作りましょう。

 

頑張りすぎず、緩むことに意識を!

 

そうする事で、全身の

ストレスによる過緊張が緩和されていきます。

 

上手にメリハリを付けることで

自律神経も整い、仕事の効率も心の余裕も

格段と上がるはずなので

 

みぞおちの違和感を感じたら

休むことに徹底して下さいね!

 

 

まとめ


今回はだいぶざっくりと

簡易的なお話をしました。

 

身体の不調もストレスの一種です。

仮に心が元気でも、体に溜まったストレスを

見落とさないように(^^)

 

身体の変化にも気にかけてみて下さいね!

 

そして、ライフスタイルを

少しだけ見直してみて下さい♪


 
五感セラピー協会

CONTACT

お問い合わせ

お申し込み・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6411-1595

五感セラピー協会の公式ホームページはこちら

五感セラピー協会

「五感セラピーのメールマガジン」登録はこちら

メルマガ登録